公認会計士になるための試験制度の流れとは?

公認会計士になるためには公認会計士になるための試験を受けなければなりません。

他の試験がどのようなものなのかと言うことを、またその試験の歴史について簡単に説明していきたいと思います。

これから公認会計士になりたいと言う方、また公認会計士に興味を持っていると言う方はぜひ参考にしてみて下さい。

公認会計士の歴史は2005年に大きく変遷し、従来公認会計士の試験を受けるためには大学卒業や旧1次試験の合格などと言った受験資格が必要とされていましたした。

しかしながら現在は、2006年度以降の新試験制度において公認会計士の試験を受けるための受験資格への制度や制限がなくなり、年齢や性別、学歴や国籍を問わず世界中の誰でも、また不問で公認会計士試験を受験することが可能となったのです。

それによって高卒者や大学在学中に合格する方が増え、幅広い年代の合格者が現れているのです。

公認会計士になるための試験への道のりについてですが、まずは公認会計士になるための勉強を大学や専門学校、通信教育などから受講をします。

その後年に2回行われる短答式試験と言われる試験に合格する必要があるのです。

その後は年に1回、8月にしか行われない論文式試験に合格し、無事合格を行うことができれば公認会計士の名簿に名前が載り、公認会計士としての仕事を行うことができるようになります。

先ほども申し上げた通り年齢も性別も不問で受けられる試験であることから、公認会計士として仕事をされている方は様々です。

ぜひ今回のことを参考にし、公認会計士について少しでも知ってもらえればと思います。

公認会計士に向いてる人とはどのようなタイプでしょうか?

公認会計士に向いてる人とはどのようなタイプでしょうか?

数字に対する強さが必要

公認会計士は会計に関わる仕事であり、企業にとって会計は根本的に重要なものです。

その企業に対し監査を初めとして、財務や経理、コンサルティング業務に携わるなど、数字のプロとも呼べる立場が公認会計士です。

そのため、まず数字に強いタイプであることがこの仕事に向いてる人になります。

企業の財務書類をチェックするのは監査の基本的業務ですが、大量の書類の中にある煩雑な数字を細かくチェックするのは労力のかかる作業です。

数字が苦手なタイプでは、労力的にも精神的にも、仕事が続かなくなる可能性があります。

適当なチェックになってしまっては、当然ながら公認会計士としての資質が疑われてしまいます。

細かな数字を、間違いがないかどうかチェックする根気が必要であり、そのためには数字を見ることが好きなタイプであることが望ましいです。

価値を高めるコンサルティング能力

公認会計士の役割は、単に書類のチェックだけで終わるものではありません。

企業が公認会計士に期待することは、企業にとってプラスになる情報を得ることにも目的があります。

監査から明確になったその企業の改善部分や経費節減の方法など、的確なアドバイスを行うコンサルティング能力が必要です。

またその力が、公認会計士としての価値をさらに高めていきます。

企業経営に関して興味のある人であれば、充実したコンサルティング業務ができる可能性があります。

コンサルティングは、数字とは異なる、人と人との関でもあります。

コミュニケーション能力や、企業の求めるものに敏感になる情報収集力など、対人関係としての資質も重要です。

参考材料→公認会計士

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする